真骨頂

2018.06.28

今日は日本代表対ポーランド。

日本国民が期待するグループ最終試合が始まりますね。

 

今日、決勝トーナメント進出?まさかの大判狂わせ?が決まります。

 

ただ、今の日本代表ならやってくれそうな気がします。

 

そして、ハリルは日本に非常に大きな財産を残してくれたなと。

ここからは僕、個人的な意見として見ていただけたら。

ワールドカップ前に解任され、日本の成績不振はハリルが原因だと散々、日本メディアや日本国民から散々批判を受けてしまいました。

 

確かにあのままハリルだったら、今の結果ではなかったかもしれない。

 

けど、ハリルが就任して約3年間。

 

毎回、海外と戦う際に日本の弱点となっていたフィジカル面に真剣にぶつかってくれたのはハリルだったんだと思っています。

今回のワールドカップの日本代表を見てると日本の選手より大きい海外選手とぶつかったりしてもフィジカル面で負けてしまうシーンが少なく感じます。

 

もちろん、サッカーは組織であり、グループ。

 

個人のフィジカルばかりを強化していてもそれを活かせる環境でなければ、選手の個性は死んでしまいます。

 

ただ、今までハリルが残してくれたこのフィジカル面のデュエルという部分を徹底的に改革してくださった事が、今の西野ジャパンのサッカーに間違いなく活きていると。

 

日本人は技術は上手いと今まで、会ってきた海外の指導者は言ってくれてました。

ただ、皆さん口を揃えて言うのが

 

「上手いけど戦えない選手が多い」

 

と。

 

今や、戦える選手達が本来、日本が得意とする組織サッカーの融合が行われて来たように感じるのは僕だけかな?

今、UAEのドバイにいるイニヤベッキが昔に言ってたけど

「日本人とスペイン人は背格好、体格、骨格など似ている。技術力も高いし、いつかは日本もスペインの様なサッカーが出来るんじゃないか?」

って言葉をふと、思いだした。

 

日本サッカーの真骨頂を発揮する時が来たのかもしれない。

そして、最終的に悪者役にはなってしまったが、ハリルには本当に感謝しかない。

SPONCER

INSTAGRAM

PROFILE

平川正城(Masaki Hirakawa)

<選手歴>
横浜すみれSC→コミュニティFC→清水商業高校→湘南ベルマーレU-18→湘南ベルマーレ(J2)→ザスパ草津(現J2ザスパクサツ群馬)→Y.S横浜 (★神奈川県国体代表選手)→S.C.相模原 (★神奈川県国体代表選手)→東京23FC (★神奈川県国体代表選手)→YOKOHAMA FIFTY CLUB

<指導歴>
Y.S.C.C.スクール・ユース・コスモスGKコーチ→FCバルセロナキッズキャンプコーチ→キリンビバレッジサッカーフィールドコーチ→SCHサッカースクールコーチ→ファンルーツアカデミーコーチ→Jフロンテッジ&東急レイエスコーチ→横浜すみれSCテクニカルアドバイザー・GKコーチ→ボカ・ジュニアーズジャパンスクールコーチ→SALLERゴールキーパースクール、SALLERストライカースクール(現MSAゴールキーパースクール、MSAサッカースクール)→NIKEエリートトレーニング・NIKE FC ・NIKE MOST WANTEDスカウトマン兼任コーチ→帝京平成大学女子サッカー部ゴールキーパーコーチ

取材に関するお問い合わせ、指導依頼、応援メッセージ等は
こちらのフォームからお願いします